塵芥集(写真帖) 

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都(3) 無鄰庵

<<   作成日時 : 2009/05/20 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

京都の写真の続きです。今回は、無鄰庵(山県有朋別邸)です。

画像

                         無鄰庵庭園
 無鄰庵については、こちらの記事も参照ください。芝と背の低いツツジが印象的です。山県の提案するイメージを、庭師の小川治兵衛が具体化した、「自然主義風景式庭園」の代表とされる庭園。

 南禅寺の旧境内に位置する無鄰庵は、西を底辺に東がとがる細長い三角形の敷地で、面積は約三四〇〇平方メートル。東方に位置する東山を借景として庭園に取り込むとともに、先窄まりの敷地の形状をそのまま活かす空間構成で、遠近法を逆手に取って実際以上に奥行きを感じさせる。(中略)
 立地を最大限に活かし、自らの基準で見出した景観を写実的に庭園内に再現するといった山県の庭園観は、京都の伝統的な庭師であった植治には当初理解できなかったようである。(中略)しかし、庭園デザインの本質をわきまえた山縣との交わりの中で、聡明な植治はこの新時代の庭園観を身につけることになる。

小野健吉『日本庭園―空間の美の歴史』(岩波新書、2009)p206〜207

画像

                          無鄰庵の洋館
 この洋館は、日露戦争直前に、山縣・伊藤博文・小村寿太郎・桂太郎の四人が会議をした場所として知られています。会議が行われた部屋は、狩野派の見事な障壁画で壁面が埋め尽くされており、一見の価値ありです。

画像


画像




日本庭園―空間の美の歴史 (岩波新書)
岩波書店
小野 健吉


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都(3) 無鄰庵 塵芥集(写真帖) /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる